金光教和賀心会

アクセスカウンタ

zoom RSS 金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 42 第1回

<<   作成日時 : 2008/09/23 13:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

42 これほど信心するのに、どうしてこういうことができるであろうかと思えば、
   信心はもうとまっておる。
   これはまだ信心が足らぬのじゃと思い、一心に信心してゆけば、
   そこからおかげが受けられる。


人間・・・難儀は嫌ですね
困ったこと、障害になること、病気・災難等・・・

そういう時ほど、神様は人間に対して思いを強くされ、働かれておられるのですね
「どうぞ、私に心を向けてほしい!私に強くお願いしてほしい!」
と・・・

人間の方が難儀な時に神様に強く・・・一心に心を向けてお願いしますと
神様は待ってましたとお働き下さいます
神様は人間の親様です・・・親様が助けてくれないわけがありません

難儀な時こそ、神様を感じさせて頂くチャンスですし
必ず、おかげ(御利益)を頂けるのだと確信していくチャンスです

確信という一心が自分のものになってきますと
すぐにおかげを頂けるようになります

神様と人間があいよかけよで立ち行くことが信心の目的です

神様も人間もお互いが愛よかけよで立ち行けば良いですね

信心が楽しくなるまでの確信を頂けば楽です


ココを読んで下さいましてありがとうございます
ココを読まれた方のご健康とお幸せをお祈り申し上げます

合掌


お祈りのお言葉

「なりゆきをなりゆきとして頂き、お徳を頂いて和賀心にならせて頂き、
布教の庭に立たせてください」

合掌


-------------------------------------------------------

世界真の平和をお祈り申し上げます
天地真の平和をお祈り申し上げます

天地人すべての心の平和(和賀心)を
お祈り申し上げます

合掌

金光教 和賀心 会
http://www5d.biglobe.ne.jp/~sept/konkou.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
金光教 本部 ホーム
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 42 第1回 金光教和賀心会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる