金光教和賀心会

アクセスカウンタ

zoom RSS 金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 68 第1回

<<   作成日時 : 2008/10/19 13:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

68 神参りをするに、雨が降るから風が吹くからえらいと思うてはならぬ。
   その辛抱こそ、身に徳を受ける修行じゃ。
   いかにありがたそうに心経やお祓いをあげても、
   心に真がなければ神にうそを言うのも同然じゃ。
   拍手も、無理に大きな音をさせるにおよばぬ。
   小さい音でも神には聞こえる。
   拝むにも、大声をしたり節をつけたりせんでも、
   人にものを言うとおりに拝め。


信心は真心(しんじん)の道で
どんな時も・・・如何に真心が遣えるか、真があるか
ということが大切です。神様は真を喜ばれます

私は子どもの頃(6歳〜8歳)、教会へ朝参りをしていた時
席(正座でした)が一番前の、ど真ん中でないといけませんでした
そして・・・大きな声で、お祓いを皆さんと唱えていました(笑)

それが・・・信心だと思っていたのですね(笑)

それでも・・・神様は人間、可愛いのご一念ですから
おかげを下さっていました・・・
神様に可愛がって頂いているなぁという実感がありました

そのような時期・・・必死さというのが信心には必要かも知れませんね

そうして・・・だんだんに真実(ほんとう)のことがわかってくる
あまり・・・信心を難しく考えないで・・・出来るだけ一生懸命になってみる
出来るだけ・・・真を尽くしてみる・・・

神様という・・・その実感ができるようになれば良いと思います


ココを読んで下さいましてありがとうございます
ココを読まれた方のご健康とお幸せをお祈り申し上げます

合掌


お祈りのお言葉

「なりゆきをなりゆきとして頂き、お徳を頂いて和賀心にならせて頂き、
布教の庭に立たせてください」

合掌


-------------------------------------------------------

世界真の平和をお祈り申し上げます
天地真の平和をお祈り申し上げます

天地人すべての心の平和(和賀心)を
お祈り申し上げます

合掌

金光教 和賀心 会
http://www5d.biglobe.ne.jp/~sept/konkou.html



金光大神覚?民衆宗教の聖典・金光教 (東洋文庫 304)
平凡社
金光大神

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
金光教 本部 ホーム
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 68 第1回 金光教和賀心会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる