金光教和賀心会

アクセスカウンタ

zoom RSS 金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 54 第1回

<<   作成日時 : 2008/10/05 13:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

54 徳のないうちは心配する。神徳を受ければ心配はない。

すべての人間は神徳のなかに生かされて生きています

神様の徳(ひかり)を感じることができるようになりますと安心ですね
神様の徳を感じようと思えば、天地自然を感じてみれば良いです

たとえば・・・夕日をみて、きれいだと感じる、感動する
それが・・・神様の徳(ひかり)を感じていることなのですね
難しく考える必要はありません・・・

日常生活のなかで、天地自然を感じることを増やす
できれば・・・感動することを増やしてみる

そうしますと理屈ぬきで・・・生きる喜びというものを感じてきます

その喜びが増えますと・・・自ずと神様とつながっている
ということが理屈ではなく、感覚としてわかるようになります

そして・・・自分は神様に包まれて生きているというようなものを
そうした感覚を感じ始めます・・・それが神徳・・・神様の光を
感じていることになるのですね

言葉ではなく、感覚で・・・
神徳・・・神様の光を感じることができるようになると良いですね
お祈り申し上げます


ココを読んで下さいましてありがとうございます
ココを読まれた方のご健康とお幸せをお祈り申し上げます

合掌


お祈りのお言葉

「なりゆきをなりゆきとして頂き、お徳を頂いて和賀心にならせて頂き、
布教の庭に立たせてください」

合掌


-------------------------------------------------------

世界真の平和をお祈り申し上げます
天地真の平和をお祈り申し上げます

天地人すべての心の平和(和賀心)を
お祈り申し上げます

合掌

金光教 和賀心 会
http://www5d.biglobe.ne.jp/~sept/konkou.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
金光教 本部 ホーム
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 54 第1回 金光教和賀心会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる