アクセスカウンタ

<<  2011年4月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 49 第3回
49 信心は相縁機縁(あいえんきえん)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/30 22:27
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 48 第3回
48 わが子の病気でも、かわいいかわいいと思うてうろたえるといけぬぞ。    言うことを聞かぬ時に、ままよと思うてほっておくような気になって、    信心してやれ。おかげが受けられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/29 18:35
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 47 第3回
47 祈れ薬れにすればおかげも早いが、    薬れ祈れにするからおかげにならぬ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/28 23:23
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 46 第3回
46 痛いのが治ったのでありがたいのではない。    いつもまめながありがたいのぞ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/27 18:54
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 45 第3回
45 世に、三宝様踏むな、三宝様踏むと目がつぶれるというが、    三宝様は実るほどかがむ。    人間は、身代ができたり、先生と言われるようになると、    頭をさげることを忘れる。    神信心して身に徳がつくほど、かがんで通れ。    とかく、出るくぎは打たれる。    よく、頭を打つというが、天で頭を打つのが一番恐ろしい。    天は高いから頭を打つことはあるまいと思おうけれど、    大声で叱ったり手を振りあげたりすることはないが、油断をすな。    慢心が出ると、お... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/26 04:12
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 44 第3回
44 狐 狸(きつね たぬき)でさえ、    神にまつられることを喜ぶというではないか。    人は万物の霊長なれば、死したる後、    神にまつられ、神になることを楽しみに信心せよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/25 04:11
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 43 第3回
43 死んだからというて、神のおかげを受けずにはおられまいが。    死に際にもお願いせよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/23 22:54
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 42 第3回
42 これほど信心するのに、どうしてこういうことができるであろうかと思えば、    信心はもうとまっておる。    これはまだ信心が足らぬのじゃと思い、一心に信心してゆけば、    そこからおかげが受けられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/22 22:30
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 41 第3回
41 信心は話を聞くだけが能ではない。わが心からも練り出すがよい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/19 18:12
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 40 第3回
40 重い物を負うておるか担いでおれば苦しいが、    そうでないから信心は楽じゃ。    家業を勤め勤めするがよい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/18 21:16
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 39 第3回
39 此方の行は水や火の行ではない。家業の業ぞ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/17 20:21
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 38 第3回
38 垢離(こり)を取るというが、    体の垢離を取るよりは、心の凝りを取って信心せよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/16 18:19
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 37 第3回
37 生きておる間は修行中じゃ。    ちょうど、学者が年をとっても眼鏡をかけて    本を読むようなものであろうぞ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/15 21:48
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 36 第3回
36 日本国中のあらゆる神を、みな信心すると言うが、    それはあまりの信心じゃ。    人に物を頼むにも、一人に任すと、    その人が力を入れて世話をしてくれるが、    多くの人に頼めば、相談に暮れて物事はかどらず。    大工を雇うても、棟梁がなければならぬ。    草木でも芯というたら一つじゃ。    神信心もこの一心を出すと、すぐにおかげが受けられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/14 17:50
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 35 第3回
35 信心は日々の改まりが第一じゃ。    毎日、元日の心で暮らし、    日が暮れたら大晦日と思い、夜が明けたら元日と思うて、    日々うれしゅう暮らせば、家内に不和はない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/13 20:29
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 34 第3回
34 ここへ参っても、神の言うとおりにする者は少ない。    みな、帰ってから自分のよいようにするので、おかげはなし。    神の言うことは道に落としてしまい、    わが勝手にして、神を恨むような者がある。    神の一言は千両の金にもかえられぬ。    ありがたく受けて帰れば、    みやげは舟にも車にも積めぬほどの神徳がある。    心の内を改めることが第一なり。神に一心とは迷いのないことぞ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/12 21:44
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 33 第3回
33 お供え物とおかげは、つきものではないぞ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/11 22:22
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 32 第3回
32 女が菜園に出て菜を抜く時に、地を拝んで抜くというような心になれば、    おかげがある。    また、それを煮て食べる時、神様いただきますというような心あらば、    あたることなし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/10 22:20
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 31 第3回
31 信心する者は、木の切り株に腰をおろして休んでも、    立つ時には礼を言う心持ちになれよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/09 17:28
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 30 第3回
30 神を信ずる者は多いが、神に信ぜられる者が少ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/08 21:26
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 29 第3回
29 桜の花の信心より、梅の花の信心をせよ。    桜の花は早う散る。梅の花は苦労しておるから長う散らぬ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/07 22:35
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 28 第3回
28 病人や代々難儀の続く人が神のおかげを受けるのは、    井戸がえをするに、八、九分かえて、退屈してやめれば、掃除はできぬ、    それで、やはり水は濁っておるようなもので、    信心も途中でやめれば病気災難の根は切れぬ。    井戸は清水になるまで、病気災難は根の切れるまで、    一心に、まめで繁盛するよう元気な心で信心せよ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/06 22:27
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 27 第3回
27 昔から、あの人は正直者じゃ、神仏のような人じゃという者でも、    だんだん不幸なことが重なって、    世間では、どういうものであろうかというようなことがあろうが。    なにほど、人に悪いことをせぬ正直者でも、    人がよいのと神に信心しておかげを受けるのとは別ものぞ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/05 22:38
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 26 第3回
26 信心に連れはいらぬ。ひとり信心せよ。    信心に連れがいれば、死ぬるにも連れがいろうが。    みな、逃げておるぞ。日に日に生きるが信心なり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/04 18:01
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 25 第3回
25 信心は大きな信心がよい。迷い信心ではいかぬ。一心と定めい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/03 19:37
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 24 第3回
24 人に誘われて、しょうことなしの信心は、つけ焼き刃の信心じゃ。    つけ焼き刃の信心は取れやすいぞ。    どうぞ、その身から打ちこんでの真の信心をせよ。    世に勢信心ということを言うが、一人で持ちあがらぬ石でも、    大勢かけ声で一度に力をそろえれば持ちあがる。    ばらばらでは持ちあがらぬぞ。    家内中、勢をそろえた信心をせよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/02 20:47
金光教教典 金光大神御理解集 第三類 金光教祖御理解 金光教本部 編 23 第3回
23 氏子が神と仲ようする信心ぞ。    神を恐れるようにすると信心にならぬ。    神に近寄るようにせよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/01 22:53

<<  2011年4月のブログ記事  >> 

トップへ

金光教 本部 ホーム
金光教和賀心会 2011年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる